2017年7月20日
株式会社ザイマックス
新大阪におけるホテル共同事業について
~(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premier建築計画着手のお知らせ~

 株式会社ザイマックス(本社:東京都港区、代表取締役:島田雅文、以下「ザイマックス」)と、SGリアルティ株式会社(本社:京都市南区、代表取締役:金光正太郎、以下「SGR」)は、新大阪駅最寄りの土地上にて、ホテル共同事業を行うことをお知らせいたします。

1.本取組の背景

ザイマックス及びSGRは、かねてよりお互いの不動産事業展開上、緊密な関係を築いてまいりました。今般の取り組みについては、昨年来、ホテル事業に参入し運営規模を拡大中であるザイマックスと、不動産投資用途の拡大を目指すSGRの双方の戦略が合致したことにより取り組むプロジェクトです。具体的にはSGホールディングスグループが保有していた土地の有効活用としてSGRが新たにホテルを開発し、ザイマックスグループにて運営を行うスキームとなっております。

2.建物立地及び建物概要(建物概要ご参照)

本ホテルは新大阪駅の北西、徒歩4分に開発予定です。
国内外の観光客をメインのターゲットとしている本ホテルは、新大阪という関西地方の交通のハブである立地を最大限に活かし、心斎橋・難波・USJ等の大阪市内に限らず、京都、神戸、奈良といった広範囲の観光の拠点として、からくさホテルブランドの基幹ホテルと位置付け、観光客の”旅”の満足度向上を目指しております。また、関西国際空港から1時間程度の本ホテルは、訪日観光客にとって重要なゲートウェイからのアクセスも良好です。
今回新築する建物は、地上約95M、総客室数398室の超高層タワーホテルとなっており、客室はツインルームを基本に構成しながらも、様々な宿泊者のニーズに応えることが可能な客室をご用意しています。旅の疲れを癒す大浴場や、一部の客室にはビューバスを設け、宿泊者にホテル内での時間も満足してもらえるような設備を整えております。

3.開業予定

本ホテルについては2019年末開業予定となっております。

ザイマックスでは、2016年3月に大阪・京都でのコンバージョンホテルの開業を皮切りに、本年1月には関西国際空港最寄りのロードサイド商業施設をホテルにコンバージョンして営業開始しております。本年末には大阪なんばにて、また2018年初には札幌にて新築ホテルの開業も予定しており、本事業はそのあとに続くプロジェクトであり、当初計画を順調に進めてきております。

■建物概要

(仮称)karaksa hotel Shin-Osaka Premier

所在地 大阪市淀川区宮原3丁目3番9他(地番)
敷地面積 2,080m2
延べ床面積 約18,450m2
構造・規模 鉄骨造・地下1階、地上24階建
竣工 2019年末(予定)
設計・施工 清水建設関西支店
客室数 398室(予定)
その他施設等 ●客室フロア

低層階(5~14階):21m2を中心とした客室
高層階(15~24階):25m2、36m2~43m2を中心とした客室
22~24階はスカイビューフロアとしてプレミアムなフロアを設置

●大浴場完備、ビューバスの客室あり
●大型バスが乗り入れ可能な車寄せあり
●建物北面・南面は横連窓を採用し、客室からの眺望を確保

■外観イメージ

外観イメージ
PDF版ダウンロード
本件問い合わせ先

株式会社ザイマックス 広報部

TEL:03-5544-6877

ニュースリリース