ザイマックスグループの歩み

不動産と企業の良好な関係構築をめざし、サービスを進化させ続けます。 

歩み
1982

株式会社リクルート「ビル事業部」時代

 1982年、株式会社リクルートに「ビル事業部」が創設されました。オフィスは情報産業を本業とするリクルート社において、非常に重要な事業遂行拠点(生産工場)であり、使い勝手の良いオフィスを構えるということは事業戦略上、大きな課題でありました。それを解決するとともに、中長期的な事業の成長も見据えて大きくオフィスを構え、余った部分を他社に貸し出すという資産戦略も合わせて実行するため、経営戦略部門として創設されたのです。
2000

MBOにてザイマックス誕生不動産経営を見える化した「創業期」

 そして2000年、ここで培った資産戦略の立案・実行の経験や、個別不動産の企画開発から建築・管理・運営のノウハウを基に、私たちは株式会社リクルートからMBO(Management Buy Out)により独立。社名をザイマックスとして、社員89名でスタートしました。時はバブルによる不良債権処理が行われていた時代であり、また不動産の証券化(金融商品化)が本格化し始めた時代でもありました。マーケットには数多くの、多様な不動産が売りに出され、それらを購入していった投資家などの所有者に代わり、不動産を経営し、資産価値を最大化していく「プロパティマネジメント(PM)」を中心業務としてスタートを切ったのです。
2002

不動産と金融の融合など、多面的なサービスを目指す

 私たちザイマックスは、不動産マネジメントに関するノウハウをさらに広げ、より深めるために、積極的な展開をしてきました。2004年には、(株)長谷工アネシスとの合弁会社であり、総合ビルメンテナンス業を行う(株)ザクテクノサービスを設立し、また、2006年には、(株)ダイエーの子会社で、総合ビルメンテナンス業を行う(株)朝日ビルマネジメントサービスを100%子会社化しグループに迎え入れました。全国に広がるダイエーの多数の店舗管理を担っており、全国展開する店舗・施設の一元管理、戦略的管理の実績を長年にわたり積んでまいりました。
 不動産マネジメント以外の領域にも積極的に展開。2002年に三井住友銀行グループとの合弁会社として設立した(株)マックスリアルティーをベースに、「不動産」と「金融」の融合を掲げて、より複合的なコンサルティングを手掛けてまいりました。不動産以外の分野のノウハウや経験を取り入れることで、投資家や企業の不動産戦略に対して提供できるサービスの質と量の更なる向上を図ってきております。
2007

不動産総合マネジメント会社へさらなる成長を目指す

 また2007年には、株式会社ザイマックス不動産投資顧問を設立し、PMと隣接するアセットマネジメント分野へ事業領域を拡大する一方、2012年にはゴールドマンサックス傘下の、旅館やホテルなどのホスピタリティアセットの資産管理・運営支援を行うアビリタスホスピタリティを仲間に加え、オフィスや商業施設に留まらず、ホテルやマンションなど多様な不動産のマネジメントノウハウを吸収するとともに多様な投資家に対するサービスも提供してまいりました。
2011

企業における不動産価値を提案していく

 また、2011年には株式会社ザイマックスサガーシア(賃貸仲介事業を株式会社ザイマックスインフォニスタに承継させ、株式会社ザイマックスに吸収合併)を立ち上げ、オフィスの賃貸仲介の領域へ進出してきました。一方で、企業を取り巻く経営環境の変化のスピードは速く、それらに柔軟に対応していく企業のCRE戦略の重要性も高まっている中、CRE戦略立案・実行サービスの領域にも事業を拡げてきております。このように、現場から経営代行・資産運用までの不動産経営の様々な要件を一元管理し、2000棟以上の不動産の管理運営の実績を積み重ねながら、総合的な不動産サービスをワンストップで提供できる企業グループとしての力を着実に蓄えてきております。
2015~

社会の変化を捉え、不動産の見地から事業を拡大

 働く場と時間の概念が多様化・自由化していくことを見越し、2015年サテライトオフィスを開業しました。当初は営業活動の合間に立ち寄る利用がほとんどでしたが、職住近接ニーズの高まりを受けて、2018年に“働き方をジザイに”というコンセプトを掲げたサテライトオフィスサービス「ZXY(ジザイ)」にリブランドいたしました。ワーカーの働く場の選択肢の拡大に寄与するべく、自宅に近く通勤のしやすい郊外部への出店を加速し、また、商業施設や金融機関内の一区画・駅施設内など、既存事業のネットワークを生かした出店戦略によって拠点網の拡大に取り組んでおります。
 また、インバウンド需要の増加による訪日観光客の宿泊ニーズと、フルサービスホテルやビジネスホテルを中心とする日本のホテルストックのミスマッチに着目し、2016年「からくさホテル」事業を立ち上げました。初期3ホテルは遊休不動産の活用・再生という切り口から、そして短期間で事業を開始するために、オフィスビル・ロードサイドの家電量販店をホテルにコンバージョンするというやり方でホテル事業へ参入いたしました。エキストラベッドを用いることで3人まで宿泊可能なツインルームを基本とし、全体の約5割にコネクティングルームを設けるなど、観光客向け宿泊特化型ホテルを提供しております。
沿革
1982年
8月
(株)リクルート ビル事業部創部(リクルートの自社ビル用地の確保、企画開発から建築・管理・運営までを行う)
1990年
3月
(株)リクルートからビル事業部が分社し、(株)リクルートビルマネジメントを設立
1998年
不動産証券化に対応したプロパティマネジメント(PM)業務を開始
2000年
1月
MBO(マネジメントバイアウト)により、(株)リクル―トから独立
2000年
4月
(株)ザイマックスに商号変更
2001年
5月
(株)ザイマックスビルディングサイエンス(現(株)ザイマックス不動産総合研究所)を設立、「科学的ビル経営」の礎となる不動産マネジメントデータの蓄積・分析・解析を本格的に開始
2002年
6月
(株)ダイエーの子会社であった総合ビルメンテナンス(BM)業を行う(株)朝日ビルマネジメントサービスと業務・資本提携
2002年
11月
三井住友銀行グループとの合弁会社(株)マックスリアルティー設立
2004年
4月
(株)長谷工アネシスとの合弁で総合BM会社(株)ザクテクノサービスを設立
2004年
7月
会計・レポーティングなどの不動産のバックオフィス業務を担う(株)ザイマックスアカウンティングパートナー(現(株)ザイマックスウィズ)を設立
2006年
6月
(株)朝日ビルマネジメントサービス(翌年(株)ザイマックスビルマネジメントに社名変更)の株式を(株)ダイエーより100%取得したことでグループ総合BM会社が2社に。PMとBMを融合した新しい不動産マネジメントの推進に本格的に着手
2007年
8月
(株)ザイマックス不動産投資顧問を設立し、アセットマネジメント(AM)業に着手
2010年
10月
(株)ザイマックスアセットコンサルティング設立(不動産鑑定業登録)
2011年
4月
(株)ザイマックスサガーシア(現(株)ザイマックスインフォニスタに事業承継)を設立し、オフィス賃貸仲介事業開始、賃貸オフィスのWEB検索サイト「SAGARCIA」オープン
2012年
10月
シンガポールと韓国に初めての海外拠点を設置
2013年
4月
(株)ザイマックスビルディングサイエンスを母体とし、不動産マーケットの情報蓄積・分析機能を兼ね備えた(株)ザイマックス不動産総合研究所を設立
2013年
10月
関西エリア、九州エリアにおけるPMとBMの機能を統合し、新たな不動産総合マネジメントサービス会社を設立(現(株)ザイマックス関西、(株)ザイマックス九州)
2015年
3月
SGホールディングス(株)100%子会社のSGリアルティ(株)と合弁で資産運用会社(SGアセットマックス(株))を設立し、私募REITの運用を開始
2015年
10月
東日本エリアにおけるPMとBMの機能を統合し、新たな不動産総合マネジメントサービス会社(株)ザイマックスアルファ(現(株)ザイマックス)として事業を開始
2015年
働き方改革の進展によるオフィス形態の変化を見据え、サテライトオフィス事業に着手
2016年
3月
からくさホテル第1号となる「からくさホテル大阪心斎橋Ⅰ」「からくさホテル京都Ⅰ」を開業
2017年
4月
オフィス賃貸仲介事業を拡大し、さまざまな不動産と利用者を結びつける新しい不動産仲介サービスを行う新会社(株)ザイマックスインフォニスタを設立
2018年
1月
(株)ザイマックス不動産投資顧問が資産の運用を行う「ザイマックス・リート投資法人」が東京証券取引所に上場
2018年
12月
サテライトオフィス事業において、働き方を自在にするワークプレイスを「ZXY(ジザイ)」に改称
2019年
4月
全国の清掃専門会社を統合し、社名を(株)ザイマックスサラに
2019年
9月
北海道エリアで不動産総合マネジメントサービスを提供する(株)ザイマックス北海道設立
2021年
7月
東海エリアで不動産総合マネジメントサービスを提供する(株)ザイマックス東海事業開始
2021年
11月
(株)ザイマックスは(株)ザイマックスアルファを吸収合併し、様々な不動産に対するマネジメントサービスと、オフィスや店舗における不動産の使われ方の変化に即したサービスを組み合わせて提供できる体制に