サービス紹介

多店舗、多拠点展開事業者様向け不動産戦略マネジメント

スーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなどの小売事業者をはじめ、物流事業者や金融機関等、様々な企業が多くの店舗や拠点を利用しながら事業活動を行なっています。それらの企業においては、店舗や拠点展開を検討するにとどまらず、経営的に非効率となった店舗・拠点の統廃合・有効活用等も戦略的に行っていく必要があります。ザイマックスグループではお客様が利用する既存店舗の契約関係や売上状況等、あらゆる状況を把握し、かつ各不動産のポテンシャルも調査しながら、お客様の事業戦略に照らして最適な事業用資産のポート
フォリオを構築すべく全体戦略立案・実行のサポートをいたします。

1 小売業の店舗のサイクルにおける各種課題
1 小売業の店舗のサイクルにおける各種課題
2 不動産戦略に基づく実践サービス

上記のような課題を把握しつつ、不動産戦略を立案し、その戦略に基づく各実行業務もサポートいたします。

サービス事例

ザイマックスグループが提供した、多店舗事業者向け不動産戦略・実践サービスの事例を紹介します。

事例1複合開発の事例 
D社の課題
  • ・かねてより保有していた土地があり、そこに新規出店を検討していた。
  • ・しかしながらD社単体で開発及び出店をするには、余りにも土地の規模が大きすぎ、計画を前に進めることができなかった。
ザイマックスグループのソリューション
  • ・D社を核とした複合型の商業施設の開発を計画。
  • ・流動化スキームを利用した事業計画を立案し、各種開発許認可を取得。
  • ・完成後は施設運営管理業務(テナント管理、建物管理、清掃、警備、長期修繕計画の立案)を担う。
管理運営実務だけではなく、金融不動産領域もサービスラインナップにあるため、複雑なスキーム組成も含めたサービスの提供が可能です。
閉じる
事例2店舗活性化の事例 
E社の課題
  • ・E社は自営区画と外部テナント区画がミックスされている商業施設を所有している。
    施設自体が陳腐化し、自営区画の収支効率も悪化していたため、抜本的な施設運営の見直しに迫られていた。
ザイマックスグループのソリューション
  • ・市場分析を踏まえ、施設の最適な利用方法を検討し、リニュアル計画を立案し、実行。
  • ・自営区画を縮小し、外部テナント区画を増やすことで、自営区画の収支効率の向上、施設としての売上UPを実現。
  • ・あわせて、これまで詳細に決められていなかった資産区分や館内細則といった、施設の運営管理上必要なルールを策定し、スムーズな施設運営体制を確立。
リニューアル業務だけではなく、その後の効果的な運営体制の構築までトータルにサービス提供を行うことが可能です。 
閉じる
事例3出店における不動産の権利調整の事例 
F社の課題
  • ・出店希望エリアの土地情報をF社が入手。
  • ・F社は借地による出店を希望していたが、土地所有者は売却を希望しており、F社は土地(底地)を所有してくれる事業者を探していた。
ザイマックスグループのソリューション
  • ・底地に投資できる投資家を探索
  • ・出店までの期間を短縮するため、一旦、ザイマックスが底地を購入し、権利関係や各種契約関係を全て整備した上で投資家に対して底地を売却。
数多くの有効活用案件やプロジェクトマネジメントの業務経験から、顧客の様々なニーズに適した取り組みを提案し実施します。
閉じる
事例4後継テナントマッチング・店舗閉鎖サポートの事例 
G社の課題
  • ・北関東エリアにあるX店は売上好調であり拡張移転を考えていた。
  • ・しかしながら、X店を閉鎖すると、建物の解体費用や地主への解約違約金が発生するため、移転拡張するかどうか悩んでいた。
ザイマックスグループのソリューション
  • ・多くの小売事業者とのリレーションを有する当社では、当エリアにおける他の事業者の潜在的な出店ニーズを把握していたため、すぐに後継テナントZ社を発掘。
  • ・G社と地主との間の権利義務をZ社が承継することで、G社は退去に伴うコスト負担を軽減でき、近隣への拡張移転で、売上の拡大につなげることが出来た。
多くの事業者とのリレーションを活用し、すぐに後継テナントを発掘し、スムーズな承継や拡張移転をサポートします。
閉じる
お問い合わせ
> サービス紹介