不動産管理

システム導入による「見える化」

管理の可視化と蓄積情報の分析による戦略的施策の提案
管理システム「ファシリタス」の利用により「管理を一元化」「情報を蓄積」
システム導入による「見える化」
ポイント1
ザイマックスグループの当社管理システムにて、管理データや進捗の可視化を実現
各店舗の点検や清掃業務、修繕対応の情報(作業内容、処理状況、日時、費用等)をシステム管理し、多岐に渡る多店舗管理の効率化、最適化を実現しています。情報はお客様でもWeb上で閲覧でき、簡易に状況が確認できます。

ポイント2
分析による戦略的施策のご提案
日常対応実績はシステムに蓄積していきます。
この情報を分析し、計画的な修繕計画等戦略的施策を提案することが可能になります。

■取組事例
履歴だけでなく、現地調査も付加し、設備のコンディションを加味した、当社独自のLCC(ライフサイクルコスト)を基に各店舗の設備状況に合わせた最適な修繕計画を策定。

現地調査風景
現地調査風景
設備台帳
設備台帳
修繕計画表
修繕計画表