2020年2月20日
株式会社ザイマックス
今夏予想される交通混乱解決に向けたザイマックスの取組みについて
~期間限定ワークプレイスZXY CAMP(ジザイキャンプ)の提供~

株式会社ザイマックス(東京都港区、代表取締役社長:吉本健二、以下「ザイマックス」)は、2020年夏季イベント期間に発生が見込まれる交通混乱について、その解消に都心への通勤抑制の面から寄与するべく、期間限定の法人向けサテライトオフィスサービス「ZXY CAMP(ジザイキャンプ)」を提供します。

2020年夏季に行われるイベント期間中では、訪日観光客を含め、1,000万人以上の人が東京都心部を訪れると予想されていることから、都心部の交通混雑により、イベント運営に支障をきたすことが懸念されています。特に通勤ラッシュ時間帯においては大変な混乱も予想されており、イベントの成功においてはこの混乱の解決が不可欠であると考えます。

ザイマックスは、2016年から法人向けサテライトオフィスサービス「ZXY(ジザイ)」(※1)を展開し、個人のワークスタイルに合わせて利用できる『働く場(=ワークプレイス)』の選択肢を提供してまいりました。

そこで私たちは、夏季イベント期間に発生が見込まれる交通混乱に対し、郊外エリアのワークプレイスを大量に提供することで貢献したいと考え、期間限定の簡易サテライトオフィスサービス「ZXY CAMP」を提供することにいたしました。2020年夏季イベント期間中に通算100万席分のワークプレイスを首都圏エリアで提供することを目標としております。

■ZXY CAMPの枠組み

ZXY CAMPは、都心外エリアで規模の大きなスペースを保有するビルオーナーや学校法人、金融機関、店舗事業者などの各企業様に特別協賛法人としてご協力を賜り、一時的にご提供いただいたスペースを簡易ワークプレイスに仕立て、当該スペースを企業の専用サテライトオフィスとして提供するサービスです。こちらは弊社と法人契約を結ぶZXY会員企業様にご利用いただけます。通算100万席分のワークプレイスの提供によって都心への通勤混雑を緩和し、ひいては交通混乱の解消に寄与できると考えます。

2012年のロンドンでは、ロンドン交通局の呼びかけに応えて約8割の企業がリモートワークを実施しました。このことがイベントの成功に寄与したとともに、イベント後もフレキシブルな働き方が定着しています。東京でも、この夏のリモートワークの浸透が時間や場所に縛られない働き方の普及する機会となり得るとも考えます。ザイマックスは『働く場』の選択肢の提供を通して、新しい働き方の定着にも貢献してまいります。

※1 「ZXY(ジザイ)」とは、株式会社ザイマックスが提供する法人向けの会員制サテライトオフィスサービスであり、現在71拠点を展開(2020年1月末時点)しています。首都圏を中心に都心から郊外まで幅広く展開しており、セキュリティに配慮したファシリティや首都圏最大級の拠点ネットワークで、約1,200社21万人と契約をしています。(2020年1月末時点)

ZXY CAMP

ZXY CAMPとは・・・都心外エリアに展開する2020年夏季期間限定の簡易サテライトオフィスサービス。余剰スペースを保有するビルオーナーや学校法人、金融機関、店舗事業者などを特別協賛法人として募り、一時提供を受けてワークスペース化。当該スペースを企業の専用サテライトオフィスとして提供します。まるでキャンプのように、この夏の非日常体験を楽しむ、そんな意味を込めてこのサービスを「ZXY CAMP」と名付けました。

PDF版ダウンロード
ZXY CAMPへの特別協賛(スぺース提供)や利用に関するお問い合わせ

株式会社ザイマックス ジザイワーク事業部

電話番号:03-5544-5858

HPはこちら

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ザイマックス 経営企画部

電話番号:03-5544-6630

ニュースリリース