2018年4月25日
株式会社ザイマックス
子育て支援型サテライトオフィス本格展開開始
~駅や商業施設、金融機関などを活用し、首都圏全方面に15拠点を展開~

 株式会社ザイマックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉本健二、以下「ザイマックス」)は、自社で提供するサテライトオフィス(『モバイルワークオフィス「ちょくちょく...」』)内にキッズスペースを設置し、株式会社リクルートホールディングスらを利用企業として、「子育て支援型のサテライトオフィスを複数企業でシェアする仕組み」に関する共同実験を行ってまいりました。今般、これまでの実験を経て、このような仕組みの有効性が確認できたことから、キッズスペースを併設した子育て支援型のサテライトオフィスを本格的に展開することを決定しました。

 これまで試験的に運営してきた品川東口店、鷺沼店の2拠点に加え、4月26日に3拠点目となる和泉多摩川店を小田急小田原線「和泉多摩川」駅構内にオープンさせることを皮切りに、2018年度中を目途に、首都圏にて合計15拠点程度出店していく予定です。出店においては、オフィスに限らず、駅構内や商業施設、金融機関など様々な空いたスペースを有効活用いたします。それにより、都心から郊外に伸びる首都圏主要鉄道路線をカバーすることができ、利用企業の大半の従業員が、家の近くで子連れで働くことができるようになることを見込んでいます。

子育て支援型サテライトオフィス本格展開開始
子育て支援型サテライトオフィス本格展開開始
  • ※左:ちょくちょく...和泉多摩川店オープンスペース、右:ちょくちょく...品川東口店キッズスペース

 昨今の待機児童問題対策により、保育園の数は順調に増加していますが、小学校や幼稚園の急なお休み、夏休みなどの長期休暇、そして普段家で子供の面倒を見てくれる家族の急用などの際に、ワーキングマザー・ファザーが仕事を休んで対応しなければいけない状況は変わりません。当社のキッズスペース付きサテライトオフィスは、そういった有事の際に、執務環境の整ったサテライトオフィスに子連れで出勤するという選択肢を持つことで、仕事に穴を開けることなく、仕事と子育ての両立を可能とする、セーフティネット型の施設です。このようなセーフティネット型の施設は、企業にとって利用価値のあるものですが、広範なエリアをカバーする拠点数を企業単独で設置することは非効率で、現実的に困難です。そこで、ザイマックスが設置する施設を多数の企業でシェアして頂く仕組みを構築することにより、多くの企業にセーフティネットの価値を享受して頂けるようになります。

 1ユニット単位からの申込が可能であり、登録人数の上限や利用店舗の制限なしに、多くの従業員を対象とした育児支援施策としてご活用いただけます。

 今後もザイマックスは、子育て支援型サテライトオフィスのほか、様々な働く人にとっての利便性が高い、多様なワークプレイスを提供していくことを通じ、不動産の面から企業の働き方改革を支えていきます。

  • ※ザイマックスは、ビジネスパーソンが自社オフィス以外でも安心安全にモバイルワークが可能となるスペース『モバイルワークオフィス「ちょくちょく...」』を2016年4月よりサービス開始しており、都内及び都心近郊ターミナル駅周辺に31拠点(2018年4月25日現在)を提供しております。https://www.xymax.co.jp/news/pdf/2016_04_14.pdf
  • ※モバイルワークオフィス「ちょくちょく...」の一部店舗にキッズスペースを併設しており、パパ・ママのお仕事中は専門スタッフが子供を見守ることで、育児中のビジネスパーソンが安心して子連れで出勤できるサテライトオフィスです。見守り業務に関しては、現在、株式会社ママスクエアに担って頂いています。
  • ※契約ユニット数にかかわらず、何名でも利用対象者を登録可能で、利用対象者は事前予約のうえ、全てのキッズスペース拠点を利用することができます。ただし、1ユニットあたり、1日に利用できる子供の人数には上限があります。
PDF版ダウンロード
本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ザイマックス 経営企画部

TEL:03-5544-6630

本施設利用に関するお問い合わせ

株式会社ザイマックス モバイルワークオフィス事業部

TEL:03-5544-5858

ニュースリリース